MENU

離婚裁判や慰謝料請求に有利な証拠収集が必要です。

不倫の証拠収集

不倫調査探偵の活かし方「この頃、相手の様子がおかしい・・・もしかして不倫!?

 

探偵に調査を申し込んだほうがいいのかもしれないけれど・・・明確にどうすればいいのか難しい」

 

こんな心配を有する方に探偵の使用方法をひそかにお知らせします。

 

備考>離婚裁判や慰謝料請求に有利な証拠収集

 

この手の探偵は要注意!

 

・ともかく当てにできる探偵かどうか、先だってチェックしましょう。探偵業には警視庁への申告が必ず必要になります。主に事務所の目立つところに「探偵業届出証明書」が貼り付けられています。この証明書があるかどうか、絶対に確かめましょう

 

・会社の場所が明確にわかる探偵に申込しておきましょう。レンタルオフィスや私書箱を使って不正する非合法な探偵業者もいます。住所など事実かどうか、必ず事務所に訪ねて面接相談下さい

 

・公安委員会から不法な違反などにより行政処分を受け取っている探偵社は、内容を3年間告知する役目があります。webで簡単に確かめることが分かっているので、確かに確認下さい。

 

・ネット上にねぎらいの言葉言い回し口コミが掲載されている探偵社はほぼ偽物と見てかまわないでしょう。連れに不倫されていたことを、たとえ実名を隠してあっても書き込む人はいませんし、すぐに忘れたいと考えめぐらすのが月並みな人情です。

 

参考:不倫の証拠収集

 

・収入や貯金のあるかないか伺ってくる探偵会社もやめましょう。依頼者がどの位金額を出せるのか積算するためです。依頼者の経済状態の様子査定額を変更してくる探偵は頼りにしない方がいいでしょう。

 

早くに契約書を結ぶ事は控えましょう。探偵は、契約を交わす時に重要事項説明書などの文章書類を作り上げてから、リサーチを行うと探偵業法で法則になっています。

 

・支払ができない折に、消費者金融を引合せる探偵事務所は絶対的に様子を見ましょう

 

女子の探偵が事務所内にいるからといって大丈夫なわけではありません。支払いの時に戦闘的な野郎がやってきて大きな額を要望される場合もよく見られます。信用できる探偵事務所を選ぶ

 

・連れ合いの不倫を疑ったら、真っ先に冷静になりましょう。連れの振る舞いや行動などを記録したり、内訳明細書や受領書などを捨てずに所持しておき、証拠にしておきましょう。こんなような細かいものも調査の手伝いになるので、探偵を申し込む折りに提出できるようにしておきましょう。

 

・ぜひ事前に費用の見積もりをしてもらいましょう。見積もりだけなら無償でやってもらえます。事務所に行って面談をするのが明確ですが、ネットやメールで0円で見積もりを進めている探偵社もあるので、さまざまな会社で試してみるのもいいでしょう。

 

・調べ方や見積もり金額など、契約の内容を充分に確証した上で契約を交わすようにしましょう

 

口コミ(不倫の証拠収集)

 

不倫されたら

 

不倫の証拠収集

不倫をされたら、大切なのはどうやって対処するかの方法です。

 

感情的になり状況がかえって悪くなる場合もありますので、不倫されたらまずは冷静になって対処方法を考えてみましょう。

 

そこで知っとくと便利な不倫の対処策をご紹介しましょう。

 

宣伝:不倫の証拠収集

 

<関係を修復させたい時>

不倫をされて辛い思いをするのは、相手に対してまだ愛情がある証拠。何とかしてこの苦境を乗り越えたい時は、まずは不倫の証拠をつかみましょう。もしかしたら、という疑いがある段階ではまだ相手を問いだたしてはいけません。

 

証拠がなければ相手はさらに注意をして不倫を続けてしまいます。そこでもし不倫の疑いが感じられる時は、行動時間スケジュールなどを詳しく記録して、また携帯電話使い方請求額にも注意してみましょう

 

本格的に証拠を掴みたい時はプロの探偵に相談して不倫調査してもらうことも可能ですが、費用も掛かりますのでできるだけ自分でできる範囲でまずは調査を開始しましょう。もし証拠がつかめたら、相手にしっかり問いただしてください。

 

そこで追い詰められて誤るのであれば、また関係を修復できる可能性はありますが、開きなってしまい家に戻らなくなる場合も考えられます。別れたくないのであれば、感情的にならずに二人で話し合う時間を儲けましょう。そして正直に傷ついた気持ちを相手に伝えてみましょう。

 

評判*不倫の証拠収集

 

<別れを決意した時>

不倫も一度なら許せるという人はかなりいるようですが、何度も繰り返されるとそれはもう病気みたいなものですよね。不倫されたら、今後関係をどうしたいのかまずは考えてみましょう。

 

もう関係を終わらせたいと思うのであれば、無理に話し合いをしたり不倫をとがめる必要はありません。夫婦の場合は弁護士に依頼をして慰謝料請求など法的な手続きを取って離婚手続きに進むことができます

 

また人によっては「離婚」という言葉を聞いた瞬間に怖くなり、不倫相手とすんなり別れる場合もあります。人それぞれ対応の方法は違いますが、不倫は証拠があるまでは確信できません。

 

余計なストレスをためないように、不倫をされているかどうか、しっかりと相手の行動をチェックしたうえで次へのステップに移りましょう。また不倫問題はカウンセラーに相談することも方法の一つです。

 

一人で悩んでしまうと精神的なダメージが多くなるため、友達に相談するなど誰かに話しをするのもよい方法です。自分の考えすぎだけだったなんて結果もありますからね。

 

重要!不倫の証拠収集

 

不倫の仕返し方法

 

不倫の証拠収集

不倫をされたら、相手にも同じ思いをさせたい。そう考えるのは普通の事ですよね。

 

では実際に不倫の仕返しをするにはどうやったら良いのでしょうか。

 

相手を懲らしめるための不倫仕返し方法をご紹介したいと思います。

 

注意・離婚裁判や慰謝料請求に有利な証拠収集

 

<不倫の仕返しをする方法>

一度の過ちは許せても、2度も3度も繰り返させると我慢の限度を超えてしまいます。不倫をされたら誰だって決して楽しい思いではありませんよね。悔しい気持ちで一杯になった時に、まず頭によぎるのが不倫の仕返しです。

 

自分だけ楽しい思いをしてそのままでは許せない。罰を与えないといけない、と考えるのは普通の事。そこで不倫の仕返し方法をいくつかご紹介しましょう。一つは不倫相手の名前をSNSなどを利用して実名で公開する方法

 

情報が広がる速さ驚くほどですので、この方法で仕返しをすると不倫相手の生活にも必ず影響が出るほど強力な方法です。また自分のパートナーの仕事先に不倫をしたことをばらすなど、毎日人目が気になるような生活環境にしてしまいましょう。

 

もしくはパートナーの友達と自分が不倫をするなど、色々な仕返し方法がありますが、大切なことは自分がさらに嫌な思いをしないように注意する点です。本当に愛し合っている関係ならば不倫なんて頭をよぎらないハズ。お互いの心に隙間ができるのかもしれません

 

注目です!不倫の証拠収集

 

<最終的には別れたほうがベスト>

不倫の仕返しをしても、その事実を消すことはできません。不倫がなくなっても、信頼関係を一度壊されてしまったら、元に戻すのは大変です。また不倫をする原因についても考えてみましょう。

 

相手がもちろん100%責任がありますが、もしかしたら原因を作った理由の少しは自分にもあるかもしれません。不倫をされたから仕返しをする、それで気分が一時的に楽にはなるかもしれませんが、二度と取り戻すことができないものがあるはずです。

 

不倫の仕返し方法は相手を苦しめることと同時に、自分の悔しい気持ちを発散させることも目的です。もし相手が真摯な気持ちで過ちを認めたなら、よりを戻すチャンスをあげてもよいでしょう。

 

しかしこのまま同じことの繰り返しがあるようであれば、きっぱり二人の関係は清算したほうがお互いの為でもありますよ。ほとんどの場合、不倫相手と一緒になっても幸せにならないというケースが多く、不倫をされた方としては別れることも選択肢の一つとして検討したほうがいいかもしれませんね。別れた後の新しい人生はさらに幸せになると思いますよ

 

おすすめ:不倫の証拠収集